認知機能とギャンブルのパフォーマンスを高める食事

試験勉強のお供にはチョコレートが欠かせない、という方はいらっしゃいますか?チョコレートがあると勉強がはかどり、テストで良い成績が取れるという話を耳にしたことがある方も少なくないかもしれません。なぜ勉強が進むのか、その理由はわからなくても、ついつい試験勉強中にチョコレートに手が伸びていく人は意外と多いようです。

これはカジノのゲームにも当てはまります。ゲームで勝ちたい、大金を獲得したいと思ったら、脳をフルスピードで回転させなければなりません。この記事では、カジノゲームの前に食べておきたい認知機能を高める食品をいくつかご紹介します。

  • 脂肪性の魚

海に囲まれた島国の日本では、魚が体に良いということは昔から知られています。魚にはオメガ 3 脂肪酸と特定のベータアミロイドの血中濃度を下げる不飽和脂肪酸が含まれているため、優れたブレインフードであると言われています。決断力に磨きをかけてギャンブルで好成績を残したい方におすすめの食品です。

ベータアミロイドには脳に害を与えるたんぱく質が含まれており、アルツハイマーの原因にもなると言われています。脂肪性の魚には記憶力の低下を防ぐ効果もあります。

  • コーヒーとお茶

バランスが取れた生活を送るということは人生にとって非常に重要です。これはもちろんコーヒーにも当てはまります。多くの人々がこの美味しいドリンクの虜になっていますが、飲み過ぎは決して体によくありません。

しかし、適度な量を守って楽しむ分には、さまざまな効能を持つ素晴らしいドリンクであると言えるでしょう。特に脳の機能、エネルギー、カジノの成績に良い影響を与えると言われています。カフェインは眠気を覚まし、警戒心を強化する効果があります。コーヒーを飲めば、ゲーム中重要な決断を下す前に集中して深く考えることができるかもしれません。

  • 緑色の野菜

野菜が好きな人はあまり多くはないかもしれませんが、野菜は脳にさまざまな効能をもたらしてくれます。緑の葉野菜はビタミン K、ベータカロチン、ルテイン、葉酸が豊富に含まれています。これらの栄養素は健康的な脳の機能には絶対に欠かせません。

研究によると、これらの食品は認知機能の低下の予防に効果があると言われています。信じる信じないは別として、緑の葉野菜を食生活に取り入れて損することは何 1 つもないので、ぜひ試してみることをおすすめします。もしかしたら、カジノゲームでの勝率が上がったり、地域のカジノの有名ギャンブラーになったりするのも夢ではないかもしれません。

  • ナッツ

魚と同様、ナッツにも脳の機能に欠かせない、健康的な脂質が豊富に含まれています。ナッツを数年間日常的に食べた場合、記憶力が向上することが 2014 年の研究で指摘されています。

ナッツはフリーラジカルによる酸化を防ぐ抗酸化剤とビタミン E を豊富に含んだスーパーフードです。精神機能や認知機能の低下を防ぐと言われています。

  • ベリー

イチゴ、ブルーベリー、ブラックベリーなどのベリー類は、脳の細胞間コミュニケーションを改善すると言われています。しかし、ベリーの効能はそれだけではありません。

ベリーは脳内の新しい伝達をサポートし、記憶能力や学習能力を高めることができます。カジノへ行く前にベリーを摂取したら、さまざまなカジノのゲームの勝率が前より上がった、なんてこともあるかもしれません。